インフルエンザにかからないというのが
わたしのちょっとした自慢でした

しかしとうとうこの記録が
途絶えてしまう日が来ました

あなたのたまごライフを応援します
ふみちゃん家のたまご コッコこと菅藤裕美(すがとうひろみ)です

41年間かかったことがなかったインフルエンザに
この冬り患しました。

2018-02-16 08.28.40

インフルエンザワクチンは何からできている?

ワクチンを作るには、まず原料となるウイルスが必要になります。
その上で、ウイルスがよく増えるということや、簡単に大量に手に
入るという利点もあって、鶏卵がワクチンの製造に使われています。
うまくウイルスが増えれば、1、2個の鶏卵からワクチンの原料になる
ウイルスが大人1人分、手に入ります。
1個の鶏卵から大量に作れるわけではないんです。
ワクチンを作るために、日本で1日に何百万個、何千万個もの鶏卵が
使われています。

使われているのどんな卵?

ワクチン製造に使われるのは、私たちがいつも食べている鶏卵とは違う
「孵化(ふか)鶏卵」という卵です。
孵化鶏卵というのは胚(はい)を成長させている卵のこと。
つまり、ひよこになる前の卵のことです。
孵化鶏卵を使うわけはウイルスが生きた細胞に感染して増える
という性質を持っているからです。
受精卵を37度に温め、発育途中の状態にします。

どうやってワクチンを作るのか?

受精卵を温めて10~12日目の孵化鶏卵を消毒し、
注射針が通るくらいの小さな穴を開けます。
この穴からインフルエンザウイルスを注射し、
穴をふさいでウイルスを増やします。
2日後に、鶏卵の中の胚のおしっこである「しょう尿液」
にたまったウイルス液を集めて、ワクチンの原料にします。
その後、ウイルスを精製・凝縮し、感染性をなくした上で
国の検査を通って、ようやくインフルエンザワクチンに
なります

JAグループ福岡 アキバ博士の食農教室より

終わりに

インフルエンザワクチンは家庭で一般的に
食べられている鶏卵からは作ることができません
その年に必要になりそうなワクチンの量を
予想して孵化用のたまごを発注し、
生産されています
足りなくなったとき、卵があれば
増産できるかもしれませんが、
毎年追加で作った、ということは
聞かないので、予定数量は作られている
のではと思います。

インフルエンザをぶっ飛ばせ!!
LINE@はじめました♪

友だち追加←ぽちっとすると友だち追加します

\ふみちゃん家のたまごのショッピングサイトが新しくなりました!/

ふみちゃん家のたまごネットショップはコチラ

ふみちゃん家のたまご

自動販売機はコチラ

目印はこの看板♪

2017-04-16 17.00.33

 

♪三次販売機オープンしました♪
2017-12-03 15.07.22

三次市十日市東3丁目6-13
ハローワークの通りです
吉田、甲田のように大きな看板は
出ておりません。
代わりにノボリが立っています
どうぞよろしくお願いします

お問い合わせはこちらまで
電話(0847)39-1700

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
ヒロミ

ヒロミ

菅藤裕美(すがとうひろみ)です(有)菅藤養鶏場で生産管理、配達などしております。 打首獄門同好会を愛する獄一門☆オメでたい頭でなによりも好き♡ 猫2匹と海外ドラマ大好きで構成されています。
ヒロミ

最新記事 by ヒロミ (全て見る)