10月30日に敬産鶏の出荷がありました。餌付け日(餌を初めて食べた日)を1日目として、720日くらいでその命は終わります。この後は食鳥処理場で加工され販売されます。最後まで私たちの命の源になってくれるんです。いなくなった鶏舎をきれいにして新しい鶏を迎えます。その繰り返しで私たちは生活しています。

2016-10-29 14.37.02

 

最後の卵を産んで引き取られていきました。

鶏がいると鶏舎が温かい

11月に入って寒いな―――!!と感じる日が多くなってきました。霜も降りるようになると冬も近いと感じます。そんな鶏舎はどんな感じかというと、鶏がいる鶏舎は暖かいんです。

2016-11-04 11.51.57

 

この日の外気温は10℃くらいでした。鶏舎内は18度と暖か、カーテンを開けて温度が上がり過ぎないようにします。鶏の体温は42℃くらいあります。例えば、人が多く集まる場に行くとその場の温度がありますよね。一緒なのです。暖かいうちは過ごしやすいですが通り越すと暑くなる。空気も悪くなりますね、そうならないために温度調節と換気を人間がします。

逆に鶏がいないととっても寒い!出荷後なにもない鶏舎の中は外気温と一緒。寒い日はその中での作業になるので1枚多く着て作業になります。動くと暑くなるんですけどね。

2016-11-08 10.50.20

 

今回は配達などがあって私はほとんど掃除に参加していません。パートさん中心できれいにしてもらってます。掃除って一番大変なんです。通常の業務より肩が凝るような仕事です。ありがとうございます!私も出来る日はヤッケ着てやりました。
どんな掃除をするかというと、ゲージにかかった糞を落としたり、餌箱についた汚れを削り取ってもらったり壊れたゲージの補修などです。掃除は順調に進んだのでホッとしていましたが、補修用のゲージのしきり網が9月に注文したのにまだ来てなくて作業が遅れました。早めに注文したから10月には届くと思っていたのに。。。納期は明確にしとかないといけません、勉強になりました。

11月23日にヒナを迎えます。あと1週間です。また新しい命と向き合い過ごす日が始まります。卵という命を削って産まれてくる素晴らしい環境に囲まれ私は毎日パワーをもらっています。

 

The following two tabs change content below.
hiromi

hiromi

菅藤裕美(すがとうひろみ)です(有)菅藤養鶏場で生産管理、配達などしております。reggae大好き☆猫ちゃんも大好き☆海外ドラマ大好きで構成されています。趣味はフラメンコです