なぜか金曜日の夕方から土曜日にかけて機械が壊れやすい菅藤養鶏場です。なぜかしら・・・(・_・;) 日曜日の朝の餌やりからなかなか帰って来ない父。餌を給餌器に入れるための機械についているモーターが壊れたらしく、ブレーカーが落ちるのです。餌が給餌に入らなければ餌をやることはできません。手でやるという方法もなくはないですが、考えただけで気が遠くなります。。。
金曜日に機械が壊れると、土日がお休みのメーカーさんは対応してもらえないので応急処置をして月曜日までやり過ごさなければなりません。養鶏で使う機械修理の人は少なくて、皆さんお忙しく日々あちこちへ呼ばれて修理に行かれます。なので月曜日にすぐ来ていただけるかといったらそうでなかったり。。。仕方がないのです。これまではそうでした。

修理は一日仕事

私の父、秀雄さんはこういった時にはなんとかかんとか修理をしてくれました。しかし、故障というのはそんなに簡単に直らないもので一日がかりになると自分の仕事が全部ストップしてしまうので結果としてよくないのです。最近はノブヒロさんに修理は依頼します。それでも部品がなかったりすると治るものも治らんわけですが、今回もなんとか直してくれて月曜日を迎えました。一日仕事でした・・・。最近はネット調べると配線図も出てくるらしく、修理にもスマホは欠かせない存在です。

機械修理

せらマルシェが予定されていた日でしたが、雨で中止になっていてよかったのかもしれません。おかげで直してもらうことができました。

機械修理ができる人へ

ノブヒロさんの前職は営業でした。営業といっても「自分がお客さんに売った機械は自分で直す」というのが基本の会社だったのでそれぞれの営業マン一人一人が修理の腕前があり、なおかつ営業もする会社でした。
ノブヒロさんが言うには「機械は基本一緒で、共通するものはあるから直せる」そーなの!!それは知らんかった!!なので、もし今の仕事で悩んだりしている人がいたらその腕前があればどこの会社でも活躍できるよ、ということをお伝えしたいと思います。前職からいえば畑違いの養鶏場で仕事をするノブヒロさんですが、機械の修理をしてくれてすごく助かっています。機械がたくさん動いている会社にはそういった人材が必要です。あなたを必要としている会社はたくさんありますよ。

おススメの修理会社

三次技研さんでプーリの加工(穴の拡張・キー溝)をしてもらいました。モーター軸が特殊なら特に三次技研さんをお勧めします。電動工具関係・作業工具関係・建築金物関係・木工機械・製材機・集塵装置・刃物研磨、多種多様にされています。三次技研さんのブログはこちらbyノブヒロさん

たくさんのみなさんの活躍で今日も無事でした。私は6次産業ネットワークで商品開発を学ばせてもらいました。ありがとう

The following two tabs change content below.
hiromi

hiromi

菅藤裕美(すがとうひろみ)です(有)菅藤養鶏場で生産管理、配達などしております。reggae大好き☆猫ちゃんも大好き☆海外ドラマ大好きで構成されています。趣味はフラメンコです