10年前に比べたら、ハロウィンの日本人への浸透はすごいものになりました。ハロウィンはお店の飾り程度だったのに、テレビを見ると仮想した人たちが町を行きかってるし、パーティーはあるし!でもアメリカでは子供のイベントですよね^^; 日本は大人が仮装して楽しむイベントになってしまってますね(^^♪

ハロウィンてなんですか?

wikiペディアによりますと

ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は夏の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていたが、時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。これに因み、31日の夜、カボチャ(アメリカ大陸の発見以前はカブが用いられた。スコットランドではカブの一種ルダバガを用いる。)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン(Jack-o’-lantern)」を作り、魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては「トリック・オア・トリート(Trick or treat. 「お菓子をくれないと悪戯するよ」または「いたずらか、お菓子か」)」と唱える。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい。

宗教的な行事なんですね。で、最後の一文「お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい」どうなるか知ってますか?

子供と家との攻防戦!!

これはご近所付き合いになるので、あらかじめもらえそうにない家には行かないみたいです。でも「お菓子をあげるよ」と聞いていたのにもらえなかったら子供は悪戯をしちゃうわけです。大人も悪戯に対抗する策を考えているらしく、この辺りはお互いが楽しんで攻防戦をするみたいですよ。このときに、子供じゃ「生たまごをドアにぶつけたり」するんですって^_^ けっこうすごいことするね(笑) ふみちゃん家のたまごもハロウィンぽくしたいな~と思って、10個入りパックをハロウィンパッケージにしました~

ハロウィンパッケージ

カワイイ♡吉田町の卵の販売機、道の駅世羅、四季園にしおおたで随時販売を開始します。 そんなわけで裕美とノブヒロさんも仮装してみました。

ハロウィン

仮装グッズってダイソーさんでも売ってるんですね~。この魔女の帽子はダイソーさん。すっごいかわいいツケマがありましたよ☆

The following two tabs change content below.
ヒロミ

ヒロミ

菅藤裕美(すがとうひろみ)です(有)菅藤養鶏場で生産管理、配達などしております。
打首獄門同好会を愛する獄一門☆オメでたい頭でなによりも好き♡
猫2匹と海外ドラマ大好きで構成されています。