大人もお盆休みになってみなさん故郷へ帰省されたり、遊びに行ったりされて楽しまれる予定なんでしょ~~?この時期に配達していたらあちらこちらでいい匂いがするんです(^^♪ BBQ!!! そうバーベキューーーーーーーー!!!!! 我が家は本日、弟家族が帰省でにぎやかにバーベキューをしております。 大好きよね♡野菜も食べようね♡でもついつい肉ばっかりになっちゃうよね、ってことでこんな日も卵を食べましょう♪事前に茹でてゆで卵もいいですね(^^♪ せっかくバーベキューなら炭火を利用した卵料理をやってみませんか☆

炭の中に置くだけ!

以前にカンボジアの料理で焼き卵があるとご紹介したことを覚えている人はとってもいい人です(笑)あれは網の上に殻つきのまま卵を置いて焼くというものでしたが、今回は直接火の中に入れます。作り方はちょーカンタン♪炭の中に置いておくだけで10分待つと、ほらんこんな感じ♪

BBQたまご2

といいたいところだけど、全然違いました!!! 出来てないし・・・ 何度か作り方を検索しても、詳しい作り方を書いたところがなく、「置くだけで温泉卵ができる」と書いてあるのです。できゃーしませんで(-_-)生ですぜ というわけで何度か試してみました。

火加減が難しい

まず、上の写真のように火が弱くなった炭の上に置いてみました。私が見たサイトはこんな感じに見えたので出来るんかなーと思ったからです。この状態で10分待ってみました。 10分後・・・卵を触った弟の奥さんが「出来てないんじゃない!?冷たいもん」え?まじで?でも割ってみる私 ・・・全然生卵(笑) 触れるくらいなら固まってないよねー。。。というわけで火に近づけてみました。そんなわけでさらに10分待ってみる私。

BBQたまご3

しばらくすると・・・ バーン!!!

BBQたまご

はい、破裂。今度は火が強すぎたみたい。 次は、火の中と日が弱いとこの中間のちょうどよく熱を発している炭の上に置いてみることにしました。さらに、置きっぱなしだと片側しか火が通らないんじゃないかという弟の奥さんの助言に従い、時々火ばさみで回してみることにしました。 さらに待つこと10分。さてこの10分が妥当なのかどうか?あくまでも目安として考えていただければいいかと思います。10分経って卵を触ってみて冷たいようなら中まで火は通ってません。なので、火が強いところへ移動してさらに10分待ってみてください。 そんなわけでできたのがコチラ

BBQたまご4

やっと中が固まった(^^♪エッグスタンドの代わりにおちょこ♡

IMG_0299

温泉卵のように白身までやわらかではありませんが、黄身が半熟で出来上がりました。美味しかった♪

他にもこんなやり方が☆

あちかくん(甥)が卵食べたい!というので、再度チャレンジすることに。そこへノブヒロさんが配達から帰宅。どうやらどこかで聞いたことがあるようで、新聞紙を濡らして卵に巻いて、さらにアルミホイルで包み始めましたよ(^^♪

IMG_0301

 

これを高温に近いところに置いて10分。様子を見ながら待ちましょう。。。。 コチラのやり方のほうが上手く行く??理想の温泉卵状態になってます(^^♪

IMG_0307phonto

 

たまご大好きあちか君も納得のお味.

IMG_0304

おススメ度

はたしてこれはBBQでおススメなのか!?実はそれぞれ成功が1回ずつです・・・。アルミホイルで包むやり方もこのあと2回挑戦しましたが思うような出来上がりではありませんでした。私が最初にやったそのまま炭の上に置くやり方も必ずうまくいくとは言えません。 BBQなのに卵3個も食べたし(;一_一) 成功すればとてもおいしいです。なんどかやってみて、これくらいの火の位置がベスト!というのがわかって失敗がないならおススメなんですが。現在のおススメ度は 10!!100点満点中10!!!by弟奥さん 失敗が多すぎてもったいない、、、とのことです。たしかに。破裂すると全く食べるとこないからね。 しかし卵3個食べるとほとんど肉が食べれません(笑)実験に没頭しすぎた夏の夜でした~~

The following two tabs change content below.
hiromi

hiromi

菅藤裕美(すがとうひろみ)です(有)菅藤養鶏場で生産管理、配達などしております。reggae大好き☆猫ちゃんも大好き☆海外ドラマ大好きで構成されています。趣味はフラメンコです