得意料理は卵焼きとみそ汁だけ。本当はろくろく家事なんてしないまま結婚した私は、1週間お弁当を作ったところでレパートリーは出尽くしてしまった。そんな私でも4年間ほとんど毎日お弁当を作りました。
この春からお弁当作りが始まる人、がんばらなくていいんです(^^♪ 作ってもらうことになった人、ありがとうを伝えましょう。直接でもラインでもいい、本当にうれしいです。

お弁当

 

3月31日付で退職するノブヒロさんのお弁当は、ピーマンのシーチキン詰め・卵焼き・大根とわかめのナムル・にんじんの酢の物にしました。お味噌汁も毎日作って保温容器に入れていってらっしゃい♡

今日もおいしかったよ♪

1週間経ったところで急に不安になった。もう出来るおかずは出尽くしたから。1週間でやめたらノブヒロはどう思うだろう?とんでもない女と結婚したと思って帰るかもしれない、、、、、
翌朝までに考えなくては(・_・;)料理の本を見たりクックパッドを開いたりして出来そうなものを見つけては作り始めた。初めて作るものがほとんどで、正直手探り状態。。。味見しても味が整わん日もあったし、味付け忘れる日もあったしで毎朝真剣勝負だった。お弁当の残りをお昼に食べるのだが、「うん、なかなかいけるじゃん♪」て日もあるし「う~~~ん、ダメじゃろこれ(-_-;)」いう日もあった。それを食べた父からは「もうちょっとうまいもん作ってやれ」と言われる始末。
しかし毎日「今日もありがとう、美味しかったよ」とラインをしてくれるノブヒロ。美味しくなかったら美味しくないと言ってくれていいんよ、と言ったら彼はこんなことを言った。

「美味しいとか美味しくないとかじゃない、作ってもらうことがありがたいんじゃ」

どんだけ出来た男だろうか!この言葉を聞いて日々うまいものを作ろうと強く決心した。この言葉は実家にいるときからずっと思ってきたことだということで、自分では作ることができないから作ってもらえることがありがたいといつも感じて育ってきたということだった。
きっと毎日あれが不味かったとかどうとかこうとか言われたらうちはお弁当作るのやめとったと思う。人は褒めて育つというのはこのことか(笑)単純なので褒められるとやる気が出るわけです。これがあったからこそ4年間お弁当作りができたんだと思う。

作る人、作ってもらう人へ

作る人へ、私は体調が悪い日、無理して作らなくていいよと言われていたから作らなかった。前日、二人の雰囲気が悪くて作る気がしない日も作らなった。心と体がついてこない日は作らない、それでいいと思うのでこれから作る人は無理しないでやってみて☆
作ってもらう人はその辺り理解して無理をさせないこと。先は長いですよ~~。あとたまに「前日の残り物を入れたら機嫌が悪いとか、怒る」とかいう人がおってみたいじゃけどなんで?(笑)なんでいけんのん?
朝から3~4品作るの大変よーーー。一緒に生活しょーるなら残り物OKでよくない?残り物をアレンジするという目標はあってもいいと思う、でも料理研究家じゃないし毎回無理じゃろ。残ったの捨てたりするのもったいないし、残ったら誰かが食べとんよ。お互い理解しあって楽しいランチタイムにしていったらいいと思うな~~

作るのも愛、食べるのも愛

そう書いてあったのは小川糸さんの食堂かたつむりだったと思うんだけど、まさにそうだと思う。「新婚の時はお弁当作ってくれたけど作ってくれなくなった」という人、なにか足りてなかったんじゃないですか?と作ってもらう人批判しちゃダメなんだけど、作った側としてはそんな気がします。
お弁当作るのは当たり前じゃない。だって男の人も早起きして作ったらいいんですよ。同じフルタイムで働いてるんなら。それもしないで文句だけはないよね~~~。
「作ってやってる」という気で言ってるわけではないのです、なんか勘違いしてる人おるよね。

私は毎日楽しかった(^^)vお弁当を作れる幸せがあって。7年間お疲れ様でした。そしてこれからよろしくお願いします。

 

The following two tabs change content below.
hiromi

hiromi

菅藤裕美(すがとうひろみ)です(有)菅藤養鶏場で生産管理、配達などしております。reggae大好き☆猫ちゃんも大好き☆海外ドラマ大好きで構成されています。趣味はフラメンコです