河内です☆涼しくなったな~~と思ったら、日も短くなったんですねぇ。いつの間にか秋です。秋をいえばなんでしょう?スポーツ?読書?食欲よね♡というわけで本日はコチラ

養鶏場の人がおススメしていた目玉焼きの作り方

「養鶏場の人」って(笑)自分じゃないのかよ。。はい、私ではありません。先日、くすりの新歩一の治子先生が、テレビでやってたよ~~と教えてくれたので早速作ってみました。

準備するもの
フライパン・卵・油 三杯酢(醤油・酢・みりん)

フライパンを熱して、卵を割りいれます

目玉焼き半分2

 

う~ん♡新鮮☆黄身と白身の盛り上がりがいいわねぇ 普通に食べてもおいしいけどここでちょっと手を加えます。白身が固まってきたら、パタッと半分にたたむのです。はい、こんな感じ

目玉焼き半分

 

ちょっと下が焦げてフライパンにくっつきました。。。しっかりフライパンを熱したら弱火でいいかと思います。これで半熟状の目玉焼きにします。水は入れません。

普通じゃん(;一_一)って声が聞こえてきそうですが、まだ材料に使ってないものがあるではないですか。三杯酢!!「三杯酢をかけるんよ」と聞いたときは「何それほんまに美味しいん!?卵に酢をかけるってうち的にはないわ~」などと心の中で思っていました。ですがみなさん、これホンマに美味しいです。ここまで作っといて「しょうゆにしよ~~」はナシでお願いします!!
三杯酢はご存じのとおり、酢と醤油とみりんが1:1:1よね。それをかけます!!

目玉焼き半分④

 

パタッと半分にした白身のところから半熟の黄身が出てきて美味しい♡酢と黄身の甘さが絶妙な逸品です。醤油辛くないのがいいですよ。

作ってみてね♪

The following two tabs change content below.
hiromi

hiromi

菅藤裕美(すがとうひろみ)です(有)菅藤養鶏場で生産管理、配達などしております。reggae大好き☆猫ちゃんも大好き☆海外ドラマ大好きで構成されています。趣味はフラメンコです