時刊ふみたま7月号でくすりの新歩一、新歩一治子先生が卵のたんぱく質について、記事を書いてくださいましたのでご紹介します。

私たちの身体は、約10万種類のたんぱく質から出来ています。
髪や爪、皮膚、粘膜、血液、骨、筋肉、そして臓器も全部です。たんぱく質がなければ、何ひとつ作ることができません 。

近年、「低栄養」(=タンパク質不足)の方が増えています。タンパク質が不足することで、脳に栄養が回らず、うつ病は増え、心臓や肝臓の低下、不妊、認知症、肺炎、骨折が2.5倍増え、死亡率は1.5倍、寝たきりになる確率も上がります。(タンパク質不足は血液検査のアルブミン数値でわかります)
タンパク質は体重60㎏だったら60g、50kgだったら50gのタンパク質が必要です。あなたは毎日どのくらいのタンパク質を摂っていますか?

卵1個で7.3gのタンパク質が摂れます。その他、豆腐1/4丁で4g、納豆1パックで7.4g、まぐろ4切で7.9g、豚ロース(しょうが焼き用5枚)で19.3g・・・・といった具合です。

毎日の食卓にを!!元気にキレイに楽しく生活したいものですね♪

新歩一さん写真864x648

「ふみちゃん家のたまご」私も大好きです!!        くすりの新歩一 新歩一治子

まぐろを毎日買うとお財布が寂しくなりますが、卵なら経済的ですね♪まぐろ丼に卵を落として食べるのもいいと思いますよ^_^

治子先生ありがとうございました!!

The following two tabs change content below.
hiromi

hiromi

菅藤裕美(すがとうひろみ)です(有)菅藤養鶏場で生産管理、配達などしております。reggae大好き☆猫ちゃんも大好き☆海外ドラマ大好きで構成されています。趣味はフラメンコです