20160402

とある実験のお話し

サボテンはとても感受性が強い植物だそうです。サボテンの鉢植えを2つ買ってきて、片方には「お前は可愛いね、元気に育つんだよ」と言いながら水をやる。もう片方には「お前なんか死んでしまえ!!」と言いながら水をやる。すると、褒められた法のサボテンは大きく育つけど、けなされた方のサボテンは大きくならないそうなんです。

もう一つ、昨年フェイスブックのある男の子の夏の自由研究のお話し。炊飯した白米を、片方には「ありがとう、感謝しています」と毎日話しかけて保存しておく。もう片方は「美味しくない、お前なんか嫌い」というように悲しくなるような言葉をかけて、保存しておく。2つは同じ状況で保存されている。すると7日後、感謝していたほうは腐っていなかったのに対してけなされたほうは腐ってしまっていた、という実験。

きっと卵にも伝わるはず

仕事中にふと思い出したこの二つの話。実は以前から思い当たることがあります。それは集卵しているときのこと。なにかしらイライラしたり、嫌なことがあってそんなことばかりが頭の中をぐるぐるとしている日。検卵側についていると、よく卵を割る。落とすとかではなく、少々の汚れをふき取る最中に潰してしまう。自分ではそんなに力を入れているつもりはないのだが、よく割る。そんな時はっと気づく、なにかよくない力が伝わって割れやすくなっているのかも??心穏やかな日は、同じように仕事をしても割ることはほとんどない。
「美味しくなーれ(^^♪」と想いながら仕事したときの卵はひょっとして美味しいのかも!?じゃあ、心穏やかじゃない日の卵は・・・(@_@;)

ここからは妄想の世界です

仮説です。あくまでも仮説です。もし、もしもですよ、エローいこと考えながら集卵したとします。そしたらそれを食べたら、すっごいエロい気持ちなるんだろうか・・・。もしかしてセックスレスとか解消できちゃうのかな。「なんか卵食べたらそんな気持ちになって・・・♡」みたいなことがあったら私うれしい♡とはいえ、そんなことを考えて仕事できないのでもしやってみようかな~と思われたらお買い上げの卵にエローいこと考えながら手に取ってみてください(笑)

The following two tabs change content below.
hiromi

hiromi

菅藤裕美(すがとうひろみ)です(有)菅藤養鶏場で生産管理、配達などしております。reggae大好き☆猫ちゃんも大好き☆海外ドラマ大好きで構成されています。趣味はフラメンコです