今朝はニンニクの隣で目覚めました。旦那さんだと思っていたのは実はニンニクでした。

ニンニクラーメン食べて帰ったノブヒロが臭すぎる

そんなことを考えているとニワトリもニンニクに食べるよってことをお伝えしようと思いました。

粉末ガーリック

ニンニクが形のままゴロゴロ入っているのではなく、砕いて乾燥して粉末にしたものを餌に添加します。湿ったものを与えると餌が傷む原因になるし、餌をやるパイプが詰まるので乾燥してないととてもじゃないけど使えません。にわとりのいつも食べている飼料にt/0.1%~05%を添加して使います。人間と同じく疲労回復に効果があるとされ、主に夏場に使うところが多いと思います。産卵低下しているところにガーリックで元気をつけて回復させたりします。元気にしてやろう!と思うあまり多く入れすぎるとどうやらエサが辛くなるらしく食べなくなるみたいです。餌を食べる量が減るということは産卵の低下につながるので入れすぎは無駄です。人間もそうよね、食べすぎるとお腹がやられちゃう人もいますね

ガーリックはどう使うのが効果がありますか?

ちなみにうちはガーリックは使っていません。効果がわからないからです。ガーリックではなく、ビタミンやアミノ酸が主に使われている栄養剤を単発で添加します。
ガーリックのことに関して、前からよく知っている人に相談したいと思っていたことなのでわかる方がいらっしゃったら教えてください。ガーリックは継続使用ではなく夏場の一時的な疲労回復のための添加物として使用すると聞いています。継続使用するとニンニクの効果がが効かなくなる、と聞いているからです。本当にそうなんですか?人間はニンニクを使ったサプリ飲みますよね?あれって継続しないと効果がないじゃないですか?私は鶏に対しても一時的な効果ではなく、廃鶏として出荷されるその日まで元気な鶏でいてほしいから添加したいと思っています。そういう使い方はダメなんでしょうか?人間と鶏は違いますか??私はキヨーレオピン毎日飲んで元気で頑張れています。それと同じで日々たくさん添加するのではなく少量を継続することで夏場の暑さによる産卵低下などを防げるのではないかと考えるのです。一時的に元気になっても仕方ないじゃん。費用対効果ということになるんでしょうが、継続したら身につくんじゃないかなー。よく御存じの方教えていただけるとありがたいです。

The following two tabs change content below.
hiromi

hiromi

菅藤裕美(すがとうひろみ)です(有)菅藤養鶏場で生産管理、配達などしております。reggae大好き☆猫ちゃんも大好き☆海外ドラマ大好きで構成されています。趣味はフラメンコです